やっぱり白無垢が一番?

神社挙式が再評価を受けていますが、花嫁が着る婚礼衣装は白無垢の他にも、引き振り袖や色打掛など、いくつかの種類がありますよね。神社挙式を上げた先輩花嫁たちの写真をSNSで見てみると、どれも素敵で迷ってしまう人も多いのでは?でも、花嫁衣装として不動の位置を築いているのは、やっぱり白無垢なんじゃないでしょうか。今ではだいぶ和婚のルールもゆるやかになりましたが、挙式では白無垢、披露宴では色打掛や引き振り袖という使い分けが一般的です。白無垢は元々は武家に生まれた女性の婚礼衣装として生まれました。白を用いる理由は花嫁の清浄さを表す以外に、嫁ぎ先のカラーに染まるという意味合いがあります。ウエディングドレスと全く同じですね。レンタルだと安い衣装だと18万くらいします。高級な白無垢だと40万円はかかりますが、衣装にこだわりたい人にはいいかもしれませんね。ちなみに最近の白無垢は、生地や刺しゅうの柄などで個性を出すのがトレンドだそうですよ。

白無垢を切る時の頭部はどうするの?

和装の花嫁の頭部は文金高島田か綿帽子、スタイリッシュな洋髪などが主なパターンですよね。文金高島田や洋髪は色打掛や引き振り袖でも見られます。文金高島田の方は軽くて頭部への負担が少ないかつらに改良されましたし、洋髪は髪型のバリエーションが豊富でおしゃれなのが魅力的ですよね。その一方で、綿帽子は白無垢専用のヘッドアクセサリーといえます。白無垢は綿帽子とセットでより清純無垢な雰囲気が出ますよね。

福岡の結婚式場には、まるで海外のリゾート地に来ているかのような気分を味わうことができる結婚式場があります。