今日という日を楽しんでもらえるように

アットホームな雰囲気の結婚式の披露宴では、テーブルの上にふたりからゲストへのようこそを気持ちを表現するといいですよ。テーマカラーをピンクにするなら、花はピンク色の芳しいバラにして、花瓶は花の色を引き立たせるブルーというのもいいでしょう。決まりを作らずに、花そのものの素材感や個性を引き立てるように自由に飾りましょう。パーティのテーブルを飾るアレンジは、プロのようにうまくいかなくても大丈夫ですよ。コットンパールのネックレスやタッセルを散らせば、ふたりのオリジナルのしつらえになります。ふわりと花に絡ませることで、たちまち匂い立つような華やかさが出るでしょう。席札やメニューカードも手作りして、隅々までおもてなしの心を散りばめていきましょう。

これからもよろしくの気持ちを込めて

アットホームな雰囲気は、自分たちで手を動かすことで生まれるものですよ。家に招待したかのようにゲストを迎え、最後は送り出しましょう。楽しい時間はあっという間に過ぎていくものなので、パーティ終盤ではゲストに感謝の気持ちを伝えるといいですよ。お決まりのスイーツギフトもいいですが、自分らしさにこだわるのなら、ちょっと趣向をこらしてみるといいでしょう。花嫁自身が束ねた小さなブーケがお土産というのもよく、いつまでも美しいアーティフィシャルフラワーの大輪のバラとシャクヤクをざっくり束ねてリボンを結ぶだけなので簡単にできますよ。ブーケを集めたギフトコーナーは積んだ数だけ華やかさが増し、感謝の気持ちがよく伝わるでしょう。帰り際にひとつずつ差し上げるといいですよ。

少人数の結婚式なら東京が大変便利で、豊富な式場の中から選べるだけでなく、アクセス環境や予算などにもこだわれます。