二人によく合った結婚式を

かつては、新郎新婦の両親や親族はもちろん、職場の上司や同僚、学生時代の友達など多くの方に囲まれて結婚式を行ったものでした。しかし、今は、新郎新婦と家族と親戚だけの小さな結婚式も割と希望する方も多くいます。また、新郎新婦だけでハネムーンを兼ねて海外で挙式するカップルもいます。今や、結婚式は結婚する二人が望む形であればどんな形でも認められる時代となりました。ただ、どんな形にするのであれ、結婚式を国内の地元でするならば、結婚式場の大きさは大事な要素になります。極端に言えば、結婚式だけして、披露宴は行わないカップルもいても不思議ではありません。でも、そんな結婚式でも招待するお客さんの数が多ければ大きな結婚式場は必要です。

結婚式場だけは大きくとりたいというカップルもいる

披露宴こそ行わないものの、結婚式を多くの方に公開して祝ってもらうというカップルもいます。多くの方を招く以上、結婚式場は大きな会場でなければなりません。招待したお客さんが全員入れるぐらいの式場の数でなければなりません。そこで、結婚式までに幹事を作っておいて、だいたい何人ぐらい来そうかの予想を立てて、当日の席数などを決めます。出席者は招待状を出した枚数と返事に若干の変更があるだけです。そして、新郎新婦に代わって、記念品を配布したりする仕事もやってもらったりします。また、結婚式の終了の後は、新郎新婦は親族と顔合わせと食事会をします。それが終わってから、幹事をやってくれた友達を交えて結婚披露パーティーをやることになります。

福岡の結婚式場は、博多駅から徒歩3分から10分くらいで行くことができる式場も非常に多く、とても便利です。